ブラックでも借りれる金融

消費者金融で借りられない理由

"明日は友達の結婚式・急な飲み会等、いつどこでまとまったお金が必要になるかは分かりません。そこで財布に余裕があればまだ何とかなるかと思いますが、無ければ考えものです。その時に頼りになるのが、消費者金融などの金融会社です。申し込みさえすれば簡単に借りられるので、これ以上心強い味方はいません。


しかし消費者金融は申し込んだ人全てに、貸し出している訳ではありません。時には融資を断ることもあるので、本当に借りられるかどうかはその時になってみない限りは分からないのです。でも明確な審査基準はどこの金融会社も出ておらずハッキリとは分からないものの、1つだけ言えることは“ブラック”になっている人は最初から断っているようです。


では何故ブラックになると、融資が受けられなくなるのでしょうか?そもそも消費者金融は誰でも気軽に借りられる筈なのに、なぜにシビアな態度を取るのでしょうか?まず考えられるのが、消費者金融側の事情です。一昔前は返済が多少厳しい人であっても、融資をしていたことがありました。しかし返済出来ない人が多くなると所謂“貸し倒れ”に遭ってしまい、会社運営そのものが危うくなります。


また貸金業法の法改正も、大きく関係しています。これまで29.2%まで許されていた金利が、18%までと上限を下げられてしまったのも大きいでしょう。更に今は過払い金請求が多くなり、益々苦しくなってきました。過払い金がいくらになるかは人にもよりますが、多い人になると数百・数千万円になる場合があります。1〜2件ぐらいならば何とかなるかもしれませんが、数十件・数百件となるとたまったものではありません。消費者金融を取り巻く環境は非常に厳しくなり、今は綱渡りの状態にいます。その最中で返済がままならない人に融資をするのは、大変なリスクです。そこでブラックになっている人に対して融資を断り、確実に返済出来る人のみに対応するようになったのです。


ではブラックでも借りれる金融は、もう無くなってしまったのでしょうか?ブラックとなっていると何処の金融でも厳しいとしか言えませんが、手を差し伸べてくれる所はあります。消費者金融と一言言ってもピンからキリまであるので、全てに当てはまる訳ではありません。また意外な所で言えば、銀行も貸してくれる場合があります。現に消費者金融で断られた人の多くは銀行へと流れ込み、融資を受けている人は大勢いらっしゃいます。ネット上では「消費者金融よりも審査が厳しい」と噂されていますが、必ずしもそうではないようです。

"

消費者金融よりも利用しやすい!?銀行のキャッシング

"お金の借り入れは消費者金融だけでなく、銀行からでも可能です。しかし消費者金融でも借りられなかったのに、銀行となると更に厳しくなるのではと思うかもしれません。銀行も消費者金融も、定期的な収入があり返済能力の高いことが条件です。銀行の場合消費者金融とくらべるとかなりシビアになっているので、難しくなっているのは事実です。


しかし今はかなり緩和されており、主婦の方やフリーターの方でも利用出来るようになりました。審査時間もかなり早く、申し込み時間帯によっては即日での融資も可能です。金利もかなり低いので、返済額も少なくなり利用しやすいのは言うまでもありません。また最近は、消費者金融で断られた人が銀行へ流れている傾向にあります。一部では「銀行の方が審査は緩い」という噂も立っている程で、ブラックでも借りれる金融として広まっているのです。


では何故銀行は、ここまで緩くなっているのでしょうか。こればかりは銀行に直接聞いてみない限りは何とも言えませんが、第一に考えられるのは資金の潤沢さでしょう。万が一返済が遅れたとしても、大きな痛手にはなりません。また銀行キャッシングを広めるために、敢えて審査を緩くしていることも考えられます。敷居が高いままにいると、借り入れる人は少なくなります。そこで敷居を低くすることにより利用者を増えて、世間に広めようとしているのです。


ただし借りやすくなったからとはいえ、難しい人は難しくなっているのが現実です。ブラックになっていても借りられる人はいますが、最初から断られる人も多いようです。過去に返済延滞を繰り返し、相手側から訴訟されているのならば難しいでしょう。収入が途切れ途切れになっており、不安定な状態にいるならば尚更です。だから必ずしも銀行で借りられるかと問われると、ハッキリ「YES」とも言い切れないのです。


ただ消費者金融はもとより銀行よりも確実とは断定出来ませんが、借りれる率が高くなる所ならばあります。それはあまり名前も知られていない、中小の消費者金融です。中小となると大丈夫かと不安になるかもしれませんが、その点については問題ありません。金融会社にもよりますが、中には20年・30年以上に渡り営業している所もあります。地域によっては大手金融よりも知名度が高くなっている所もあるので、大手よりも信頼出来ると言っても過言ではありません。街の中では大手がどうしても目につきますが、中小の金融会社も至る所でよく見かけます。

"

ブラックになっても借りれる金融

"事故情報が付くなどして「ブラック」になると、大手消費者金融や銀行でお金を借りるのは難しくなります。こればかりは時と場合にもよるので100%当てはまる訳ではありませんが、99%は諦めた方が賢明と言えるでしょう。


ブラックになると借り入れが出来ない理由は非常に単純で、返済してくれないと困るからです。そもそもどこの金融でも融資の申し込みをする時は、「時期が来れば必ず返済すること」と約束を取り付ける筈です。その約束を必ず守りますと宣言した以上は、守らなければいけません。ブラックになっているということは、借りる前に交わした約束を一度だけでなく二度三度と破ったことになります。金融に限らず約束を守れない人間は、どこの世界でも信用はされません。大手には信用出来ない人に貸し出すお金は、1円も残っていないのです。


そもそも金融業界は崖っぷちに立たされており、ほとんど余裕はありません。大手金融はメガバンクと手を組むことにより、何とかギリギリ踏ん張っている状態です。その中でお金を貸し出すとなると、どうしても人を選んでしまいます。ブラックになっているからというのではなく、ほんの少しでも疑いの目を向けられれば審査に通ることはありません。一昔前では借りることに関してはそんなに難しくはありませんでしたが、今は大変難しく厳しくなっていると言えます。


でも名前が知られていない中小金融ならば、借りれる可能性は高くなります。それこそブラックでも借りれる金融と言っても、大袈裟な表現では無いかと思います。資金ぶりについては大手と比べると非常に厳しく、審査もかなりシビアにならざるを得なくなってきているのが正直な所ではあります。でもブラックになっているからとは言え、安定した収入もあり今は心を入れ替えてきちんと返済しているのならば、融通してくれるかもしれません。1日の利用者の数は大手と比べるとかなり少なくなっているものの、少ないからこそ深い所までカバーしてくれるのです。


ただしブラックでも借りれる金融であっても、返済能力が無いと見なされればどうしようもありません。お金を借りる前に、今ある借金をきちんと整理して完済するのが先決です。その為にも自己整理や任意整理、また最近では払い過ぎた利息を取り戻す「過払い金請求」と言った方法もあります。どのやり方が適切かについては人にもよるので一概には言い切れませんが、ともかく「やるべきことを先に済ませておく」ことが求められます。

"

返済能力を高めるための借金整理方法

"返済能力を少しでも上げる為にも、今ある借金を見直して整理することが求められます。いくらブラックでも借りれる金融だからとはいえ、何1つ見直さずお金に対しておざなりになると、とんでもないしっぺ返しを食らうことになるかもしれません。では具体的にどうやって、借金を整理すれば良いのでしょうか。


まずは、ご自分の収入と支出をしっかり把握することです。これが分かっていなければ、借金の整理は出来ません。何をどうひっくり返っても収入以上の生活は出来る筈が無いので、幾らまでならば返済に回せるのかを検討する必要があります。もちろん毎月どうしても必要となる支出も、考えた上です。


また現在の収入だけでなく、将来の収入も考えなければいけません。今のままの生活スタイルを20年・30年と、長くは続かないでしょう。家族形態も変わり、もしかすると転職をして収入が変わることも十分に考えられます。更に下手をすれば病気や怪我で入院し、現在の仕事が続けられなくなることも有り得ない話ではありません。「考え過ぎだろう」という声も聞こえて来そうですが、借金を背負っているからこそ色んな場面を想定して考えなければならないのです。


そしてご自分の家計状況を把握出来れば、いよいよ債務整理へと移ります。債務整理とは、法律に基づいて借金を整理することを言います。こればかりは人にもよるので全てのケースに当てはまる訳ではありませんが、上手く行けばかなり軽減される筈です。債務整理は個人でも行おうと思えば、出来なくはありません。法律的な知識と交渉術を兼ね備えているのならば、弁護士に頼らなくとも大丈夫です。個人再生や自己破産となると、流石に個人では難しくなります。でも債務整理は貸金側との話し合いで行われるので、特別な資格が無い人でも問題ありません。


ただし、相手はプロ中のプロです。ありとあらゆる修羅場をくぐり抜けた猛者です。その猛者に、付け焼刃な知識しかない素人が立ち向かっても叶うはずはありません。それこそアリがライオンに真っ向面から、勝負を挑むようなものです。でもアリでも上手く戦略を練り攻撃すれば、ライオンを撃退することは出来ます。つまり少しでも勝負を有利に進めるためには、戦略を練ってくれる仲間の存在が必要不可欠です。だからこそ借金は1人で抱え込まず、弁護士などの専門家に相談するようにすべきなのです。弁護士であれば相手を打ち負かす戦略を熟知しているので、話も有利に進めてくれる筈です。

"

借金問題を解決するには?

"今ある借金を何とかするには、状況にもよりますが債務整理に踏み切るしかありません。「どうしても」というのならば話は変わりますが、借金を借金で返したところで何の解決にもなっていないからです。


ただ債務整理に手を出してしまうと借りられなくなるのではと、心配する方も多いかと思います。確かに債務整理に着手したとなれば、印象も悪くはなるでしょう。でもブラックでも借りれる金融であれば、債務整理をしたとしても融通はききます。最終的には借りたお金を返してくれれば良いので、定期的に収入があり債務整理後にきちんと返済を続けているのならば問題はありません。


債務整理は1人でも行おうと思えば出来なくはないものの、限界はあります。そこで頼りになるのが、弁護士等の専門家です。彼らは知識もあるので、どういう風に対処をすれば良いのか熟知しています。債務整理に着手する際には普段あまり聞き慣れない言葉もでてくるかと思うので、不安に感じてしまうこともあるでしょう。でも専門家が傍にいれば、それだけでも心強いというものです。


ただ弁護士に相談する際には、ある程度準備は必要です。手ぶらで来てもらっても問題ないかと思いますが、確かなアドバイスが欲しいのならば準備はしておいた方が良いでしょう。まずは当たり前のことになりますが、現在の借金状況を整理することです。幾ら借り入れ、現在の残高は幾らになっているのかを把握します。そして収入や支出についても、今一度整理するようにした方が良いでしょう。そこから返済についてどうするかを考えるので。必ず揃えるようにして下さい。


もちろん相談内容についても、自分なりに整理するのも重要です。何となく「困っているから」という漠然的な理由で相談に行っても、弁護士はどう答えれば良いのか分かりません。「専門家だからどうしたいのか分かるだろう」と思われるかもしれませんが、さすがに個人の事情だけはどうしようもありません。借金を具体的にどう整理して行きたいのか、いつまでに返済したいのか等、ご自分なりに整理して考えておくようにしましょう。


そしていよいよ、弁護士への相談です。最近は民間の弁護士事務所でも無料相談を承っている所が増えて来ましたが、最初は自治体に頼るのが確実でしょう。もちろん無料で相談に乗ってくれるので、利用しない訳には行きません。内容が内容だけに中々切り出しにくいとは思いますが、第一歩を踏み出せば楽になれるかと思います。

"